KENTARO & KEI
Season: Autumn

お二人が育ったアメリカと日本の文化、「和と洋」双方の要素を取り入れた八芳園での披露宴。当初はハワイで親族と親友だけを招待して挙式とレセプションを行う予定でしたが、新婦様の大切な親友の幼馴染がビザの関係でしばらく海外に行けないことに…そのため、急遽日本で披露宴を行われたとのこと。結果、より多くのご友人とお祝いすることができ、日本ならではの和装も着ることができたのでご新婦もとても満足!式場もせっかく日本でやるのであれば日本の美しさが伝わる場所にしたいと思い八芳園で♪



フォトギャラリー

PHOTO GALLERY



マイスタイル

MY STYLE

【式場】
硬い空気が苦手なお二人は、仲の良い友人のみをご招待し、アットホームな空間の中、披露宴を行われました。スピーチも「主賓」などの形式は意識せず、お互いの友人や幼馴染にスピーチして頂きました。披露宴の後、ゲストから「あんなに笑ってばかりの楽しい披露宴は初めてだったよ」や、「お友達との関係の深さが感じられてとても素敵だった」などと喜んでいただけたとのこと♡

【食事】
コースメニューは、お二人の思い出の品で作って頂いたオリジナル♪ファーストデートで食べた「うにパスタ」や、お二人がアメリカで住んでいた場所に因んだ寿司ロール(カリフォルニアロール、シアトルロール)など。ケーキカットのケーキは、「定番のウエディングケーキではつまらない!」と思い、お二人でラスベガスに旅行に行った際に食べた思い出のレッドベルベット・カップケーキのカップケーキタワーで。

【引き出物・プチギフト】
引き出物は、海外からのゲストも多数いらっしゃったため、食べ物や品数を多くはせず、お二人の「こだわりの一品」にされたとのこと。メイクアップスクールに通っていたご経験があるご新婦様は、女性ゲストにはそれぞれに似合いそうな色の新作の「Diorリップ」を名前入れをしてお渡し♡男性ゲストには、お二人がオーロラを観にアラスカへ行った際の待ち時間に重宝した「S'well」の水筒を。それぞれに似合いそうなデザインや色を選びたとのこと。プチギフトも、海外から来てくださっているゲストにもすぐに使って頂けるよう、お洒落な「MARVISの歯磨き粉」を色々なフレイバーで揃えられました!



*参考にしたこと
「Pinterest」「Instagram」「Etsy」「ウエディング雑誌」

*大変だったこと
"*大変だったこと*
プロフィールビデオなどの動画は全て手作りしたいと思い頑張ってみたものの、難しすぎて結局シンプルなスライドショーになってしまいました。また、イヤリングもRanjana Khanのイヤリングが5万円ほどと高かったので、パーツだけ購入して自分で作ったのですが、思った以上に大変でギリギリに仕上がりました。"



ブライズコメント

BRIDE'S COMMENT

幼馴染や大学の友人、そして社会人になってからの友人が全て同じ場所にいるのがとても不思議な感覚でしたが、とても幸せでした。改めて素晴らしい友人たちに囲まれて来たんだなと実感でき、特別な時間になりました♪

Bride:@kyoh_wedding
Bride's Works:@beaume_weddings

■MSWJより■
日本とアメリカで育ってきたルーツを尊重しながら準備を進められたお二人。日本らしさとアメリカらしさが素敵にマッチしているのが写真からも伝わってきます♡また、ご新婦様のコメントに「素晴らしい友人に囲まれてきたんだな」とありますが、引出物や進行から、ゲストのことを一番に考えるお二人だからだろうな…♡と感じました!



ディティール

THE DETAILS

八方園

Pronovias ( Almeria )

Cartier

イヤリング:ご新婦様の手作り、ヘッド:tegara (cucuru bridal)

Manolo Blahnik

MAISON DE RIRE BRIDE

八芳園 ar photo

2018年9月 / 約50名 / 約200〜400万円