ブライダルニュース

BRIDAL NEWS

マーサアドバイス

僕が愛する花嫁:第3回〜運命のヒト〜

ドレス Organza Ruffle Gown/VIKTOR & ROLF(ヴィクター&ロルフ)(日本でのお取扱いに関してはお問い合わせください。/ザ・トリート・ドレッシング)シューズ Florence / emmy london(エミー・ロンドン)(日本でのお取り扱いに関してはお問い合わせください。/B.DRESSER)リング (右)Floating Cuffs® ¥ 2,580,000 (左)Floating Cuffs® ¥ 1,480,000 Pearl Ring ¥ 1,580,000 イヤーカフ Floating Ear-cuffs ¥ 450,000 バングル Floating Bangle ¥ 680,000/ MIKKO JEWELRY(ミッコジュエリー)ドレス Organza Ruffle Gown/VIKTOR & ROLF(ヴィクター&ロルフ)(日本でのお取扱いに関してはお問い合わせください。/ザ・トリート・ドレッシング)シューズ Florence / emmy london(エミー・ロンドン)(日本でのお取り扱いに関してはお問い合わせください。/B.DRESSER)

第一回を読む

 

第二回を読む

運命なんていう言葉は信じていなかった。
そんな、少女漫画の世界じゃあるまいし、と。

しかし、僕と僕の愛する花嫁との出逢いは、まぎれもなく運命だった。
僕が、僕の愛する花嫁に最初に出会ったのは3年前の冬だ。

同僚が「ボーイフレンドが風邪引いちゃって。」と代わりに一緒にオペラを観に行ってほしいと誘ってきた。
というわけで、男ふたりで(同僚は「いやぁね、男じゃないわ。」と言うが)メトロポリタンオペラへ行くことになった。

すばらしいオペラだったなぁ、とロビーを出たところで、ドンっと何かにぶつかった。
その瞬間、僕の足元にコインケースやメトロカードやリップスティックが散乱した。女性にぶつかり、彼女のクラッチが落ちて、中身が散乱したようだ。

「すみません!」
と一緒になって拾う僕に

「あ、ありがとうございます。すみません。お怪我ないです?大丈夫ですか?」
そう言って足早に去って行った その人は、透き通るような肌をしていて、美しい瞳のとてもきれいな人だった。

ぼおっとしている僕に、同僚が
「あれ、オスカーね。」

「オスカー?」

「Oscar de la Rentaよ。あのリトルブラックドレス。しかもあのビスチェ、今シーズンのものよ。あなた、そんなことも知らないの?」

同僚の言う、オスカーだのリトルなんちゃらだの、そんなことよりも美しい人だった。
それから、仕事で大きなディールがスタートし、半年ほど、僕は忙殺される日々を送っていた。
もちろん、その夜のことはすっかり忘れるほどに。

ディールは成功のうちにおわり、ある夜、プロジェクトメンバーで 1 Hotel Central Parkにある jamsへ祝杯をあげに行った。
ほろ酔いで良い気分になっていた僕は、 1 Hotel Central Parkの重たいウッドドアを大胆にあけて意気揚々と出ようとして、ドンっと何かにぶつかった。

「いったぁい!」どうやら女性とぶつかったようだ。

「あ、すみません・・・」とその女性と目が合った。

「あ!」

あ、が同時だった。

あの女性だ。オスカーなんちゃらの女性。仕事帰り風の服装で雰囲気は違ったが、一瞬でわかった。

美しく透き通る肌と美しい瞳。
そして、彼女も僕のことを覚えていた。
それが僕と僕の愛する花嫁との運命の出逢いだった。

2度目のハプニングから1年半交際をして、僕たちは今日結婚する。


シューズ Clara with Porto Cross shoe clip / emmy london(エミー・ロンドン)(日本でのお取り扱いに関してはお問い合わせください。/B.DRESSER)

結婚式のプロデュースは、クリエイティブ・プロデュース・ユニットの EAM(イーム)にお願いをした。

僕の愛する花嫁は、王道なスタイルが似合う。

でも「ふつうは嫌」という人なので、ドレスは3WaysできるVIKTOR & ROLFのオーガンジーのラッフルドレスを、シューズはミニマルなEmmy Londonのシューズを選んだ。


パーティーがはじまって、テーブルの上を見て驚いた。バターに僕たちのイニシャルが刻印されている。

どうやら僕たちの思い出のレストランが Vaucluseだ、と僕が話していたようで、しかも

Vaucluseって、内装とか盛りつけとか味とかだけじゃなく、けっこうディテールに拘ってるんですよ、バターに VaucluseのVの刻印もされていて。」

と、そんな話を僕が熱弁していたらしく、それで僕と僕の愛する花嫁のイニシャルがバターにまで刻印されていた。

にくいね、 EAM


ドレス Organza Ruffle Gown/VIKTOR & ROLF(ヴィクター&ロルフ)(日本でのお取扱いに関してはお問い合わせください。/ザ・トリート・ドレッシング)リング (右)Floating Cuffs® ¥ 2,580,000 (左)Floating Cuffs® ¥ 1,480,000 Pearl Ring ¥ 1,580,000 イヤーカフ Floating Ear-cuffs ¥ 450,000 バングル Floating Bangle ¥ 680,000/ MIKKO JEWELRY(ミッコジュエリー)

「ニューヨークって奇跡が起きる街なんです。」

僕の愛する花嫁が、パーティーの佳境で僕たちの出逢いについてゲストへ語り始めた。
これには正直まだ慣れない。恥ずかしい。
でも間違いなく、運命だと思っている。
今の僕は、やっぱり全力で運命を信じている。

僕と僕が愛する花嫁は、運命の赤い糸で繋がっていたんだ、と。

僕が愛する花嫁、僕の運命のヒト。

第一回を読む

 

第二回を読む

 

「僕が愛する花嫁」シリーズ

NY在住のクリエイティブユニットEAM(イーム)によるウェディングストーリー。
Martha Stewart Weddings Japanオンライン NEW YORK EDITION〉及び〈 Fly A Step〉で同時配信いたします。

ニューヨークで、ファッション誌の1ページのような写真撮影を!クリエイティブユニットEAMがプロデュースする「ウェディング・ファッション・フォトグラフィー」が2018年11月1日(木)よりスタートいたします。
詳細は、メールにてお問い合わせください。

HP: www.eamnyc.com mail: contact@eamnyc.com


Editorial for Martha Stewart Weddings Japan Online & Fly A Step

Produced by EAM
Photographer: Masato Onoda
Flower Artist: Eriko Nagata
Creative Director & Stylist: Ayuka Matsumoto
Model: Kate King
Dress: VIKTOR & ROLF
Shoes: Emmy London
Jewelry: MIKKO JEWELRY
Makeup: Hiroto Yamauchi
Hair: Hide Suzuki
Nail: Saori Morris
Assistant: Anri Seki

※価格は税抜き表示です。