ブライダルニュース

BRIDAL NEWS

NEWS

有名ドレスブランドのイネス・ディ・サントが、 医療従事者のために防護ガウンを緊急制作!

新型コロナウィルスの感染拡大が続くなか、こうした状況にただ耐えるのではなく、「私たちには出来ることがある!」と、すぐさま立ち上がったのが、カナダ発の母娘で手がけるドレスブランド、イネス・ディ・サント。

地元、トロントの病院ではPPE(個人用防護具)が緊急に必要とされているため、デザイナーのイネス・ディ・サント氏とビジネスパートナーで娘のヴェロニカ・ディ・サント氏は、今すぐ必要な衣料品の生産をスタートしました。それは、30年近くもクチュール・ブライダルのガウンをつくり続けてきた母娘コンビにとって、感動的な仕事です。

「4月は新しいルックを発信するブライダル・コレクションのシーズンであり、ランウェイショーに忙しい時期ですが、今、私たちは最も重要なコレクションのひとつに取り組んでいます。それは、医療従事者のためのガウンです。長年私の仕事を支えてくれているトロントのコミュニティに恩返しをすることはとても重要なことと考えました」と、イネス・ディ・サント氏は言います。

続いて、ヴェロニカ・ディ・サント氏は、「デザインは、地元の医療関係者に協力していただき、私たちのヒーローである医療従事者のために必要な仕様を満たす防護ガウンを新たにデザインしました」と。

この新しい医療用ホスピタルガウンは、ハンバー・リバー病院のほか、地元の病院に受け入れられており、“よく出来ていて、とってもお洒落!”と、高評価を受けているそう。Di Santoのチームは、この緊急に必要とされるガウンのサポートを光栄に思い、地元の病院の要求を満たし続けます。

美しいブライダルガウンづくりから、医療用のホスピタルガウンづくりへと変換しても、心を込めて勤しむDi SANTチーム。過酷な現場を助ける素晴らしい活動です。

素敵なHPも是非のぞいてみて♡

Ines Di Santo