トップアーティスト

TOP ARTISTS

Cake Designer

星野 彰子

Instagram

シュガーケーキで、夢を形にするお手伝いを。

世界的シュガーアーティスト、ニコラス・ロッジ氏の作品と出会い師事したのち「ROSEPETAL」として活動を始める。都内のアトリエにてワークショップの開催、製菓専門校にて指導も行う。アイシングクッキーの著作は米国・CHRONICLE BOOKS版、台湾・良品文化版も出版されている。レコールバンタン非常勤講師。オーダーメイドのウエディングケーキのほか広告、雑誌等、撮影用のシュガーアートを制作。多数のメディアや本誌マーサ・スチュワートWeddings Japan Issue 1にも掲載された、実力派!

仕事への情熱

ABOUT

シュガークラフトとは・・・

シュガークラフトとは本来食べられるケーキを砂糖でデコレーションするものです。「ROSEPETAL」ではその材料、技法を用いて主にディスプレイ用としてのケーキをお作りしています。

お二人の用途にご対応

ケーキカット用の大きなものからウェルカムスペース用、席札に添えるものなど、様々なサイズ・スタイルにご対応しています。

ウエディング後はインテリアとして♡

デザインはご希望をお伺いしながら、お二人と一緒に作り上げていきます。保存状況によっては数年間保つことができますので、お式やパーティ後まで保存できる形などもご提案しています。



過去の実績

WORKS



仕事に対する想い

MESSAGE

Cake Designer

星野 彰子

ウエディングケーキ作りはまず、そのデザインについてのご希望をお聞きする事からはじまります。自由度の高さがオーダーケーキの最大の魅力とも言えますが、時として私が思いもよらないような、「新しいアイデア」をお二人から頂く事があります。それをどの様に実現させるかを考えるのは作り手にとっての愉しみでもあります。お二人らしさを大切に、想いのこもったアイデアをベストな形で表現するお手伝いをさせていただきたいと思います。

経歴

東京生まれ、女子美術短期大学卒。
1997年より、ニコラス・ロッジ・インターナショナル・シュガーアートギャラリー・ジャパン、パディ・ケーキハウス等でシュガークラフトを学ぶ。
2000年より、"ROSEPETAL"として、シュガークラフトの制作および教室を開始。
2009年、文化出版局より『お絵かきクッキー』を出版。
2011年、CHRONICLE BOOKS(米国)より『お絵かきクッキー』の英語版『painted cookies』が出版される。 同年秋、ギャラリ・ドゥ・ディマンシュ("galerie doux dimanche"/東京・青山)にて初個展。
2013年、扶桑社より『大人のお絵かき アイシングクッキー&カップケーキ』を出版。
2014年、良品文化(台湾)より『お絵かきクッキー』の台湾語版『彩繪糖霜手工餅乾』を出版