編集部による注目の最新情報をピックアップ!

ブライダルニュース

マーサアドバイス

ウエディングの写真をもっとオシャレに、アートに昇華「What is Martha Cut?」

MARTA STEWARTの洗練された世界観を体現する『Martha カット』

「ウエディングをもっと素敵に」そう願う全ての花嫁たちに伝えたいもの。それは、MARTHA STEWARTの世界観を描く要素となる写真たち。
私たちは、洗練された花嫁にふさわしくMARTHA STEWARTらしい世界観を体現できるカット『Martha(マーサ)カット』と定義づけ、読者のみなさんへ発信中!
あなたのその日、その瞬間のときめきを世界中に発信してください。

1. 俯瞰ショット
真上から捉えて、構築的な美を描く

 

結婚式のためにこだわり抜いたジュエリーや招待状、ブーケたちはしっかりと写真に残しておくべき。マーサ・スチュワートが提案するのは真上からアイテムを捉える「俯瞰ショット」
被写体に合わせる背景は何色にする?どう並べる?など、たくさんのお手本が存在するマーサ・スチュワート Weddings Japan Online。お好みのカットを参考にして、構築的な美を手に入れて。

2. カラーonカラー
色と色の組み合わせが美しい、センスアップテクニック

ウエディングのテーマカラーを2色に統一する「カラーonカラー」
一つ一つのアイテムの中に敢えて違う色のモチーフを組み合わせることで、より奥行きのある写真になり個性的な世界観を確立できる。テーブルコーディネートやブーケ、ペーパーアイテムなど様々なアイテムをテーマカラーで表現して。

3. 背景リンク
被写体と背景をリンクさせてスタイリッシュな一枚に

写真を撮る時は背景も重要なポイント。フォトジェニックに仕上げるには、被写体のモチーフやカラーがきちんと背景にリンクしていること。
例えばケーキのデコレーションに使用された色と、背景の壁の色が同じだったり。色やモチーフ、フォルムなど統一感を持たせることでオシャレ感が一段とアップ!

4. withスマイル
ハッピーオーラが伝わる自然体のビックスマイル◎

思いっきり笑ったハッピーカットなら、カメラ目線でなくてもOK!わざと目線を外して撮った自然なショットは見る人に幸福感を与える。
前後にストーリーを感じられるような動きのある一枚を残して。

Instagramアカウント @martha_weddings_japan